マンガンのおざなりなブログ

おざなりに。アニメ。声優。野球。サッカー。日常。

読売ジャイアンツ 交流戦2017勝敗予想

 どうもこんにちはマンガンです。今回こそは野球の話書きます。筆者が生まれてから18年応援し続けている読売ジャイアンツの話をついにしていこうと思います。

 本日5月30日からセパ交流戦が始まります。ジャイアンツの今季ここまでの現状を見極めつつ、今回の交流戦ジャイアンツの勝敗予想をしておこうと思います。(あくまで現在のチーム状況を見ての予想となります)(パリーグはほとんど試合を見ていないため、毎年の対戦するときのイメージと、自分が持ち得た数字上での情報のみを根拠にした予想となっていますがあしからず)

 まず、ジャイアンツの交流戦ローテーション予想はこちら。

火…菅野 水…吉川光 木…桜井→山口俊 金…マイコラス 土…宮國 日…田口

 桜井のところには、各メディアが「今のところ交流戦2週目から山口俊1軍復帰」という報道をしているのでその要素を盛り込んでみました。また、吉川光・桜井・宮國のところには現在2軍調整中の先発投手候補の中で

1大竹(今季4勝3敗防御率4点台) 2内海(今季1勝4敗防御率6点台) 3高木勇(怪我、先週3軍シート打撃登板) 4畠(2016年ドラフト2位、今季登板なし)

などが候補としてあげられます。こちらはまだ予想がつかないので候補の名前をあげるだけにとどめさせて頂きます。

 次にジャイアンツが対戦する相手の先発予想と勝敗予想、個人的見所などを書いていきたいと思います。(H…ホーム、A…アウェー)

1,楽天(A)

先発、勝敗予想:火…菅野○ー●辛島 水…吉川光●ー○塩見 木…桜井●ー○則本

個人的見所:マギーの仙台帰還。好調なので活躍、もとい恩返しに期待です。そして巨人の交流戦は菅野にかかっていると思います。則本の日は特に大敗したとしても切り替えていくしかないです。

メモ:辛島は右を苦手にはしていない。序盤が勝負。

2,オリックス(H)

先発、勝敗予想:金…マイコラス○ー●西 土…宮國●ー○松葉 日…田口○ー●山岡

個人的見所:田口vs山岡の高校時代の広島大会決勝の投げ合いの再現が大いに楽しみですね。 金子、ディクソンとの対戦を回避したオリックスとのこのカードは勝ち越し、あわよくば3タテに期待したいと思います。

メモ:松葉は左が苦手。中盤以降に捕らえる。(亀井いたら亀井がカギかな)

3,西武(A)

先発、勝敗予想:火…菅野○ー●野上 水…吉川光○ー●(高橋光成怪我のため先発不明) 木…桜井or山口俊●ー○十亀

個人的見所:山口俊の復帰はこのカードだそうですが、無理はして欲しくない。普段投げ慣れていない球場で初登板というのもどうなのかなと思います。

メモ:野上は序盤で蹴りをつけたい。十亀には右打者。水曜の先発は新外国人か、もしくはローテをずらして水曜十亀、木曜菊池雄星、ということもありそう(その場合は1勝2敗の負け越しと予想)

4,日本ハム(H)

先発、勝敗予想:金…マイコラス●ー○浦野 土…宮國○ー●エスコバー(谷間?) 日…田口●ー○メンドーサ

個人的見所:大田泰示さんが楽しみですね。現在出塁率5割だかの近藤がどんな調子になってるかも気になる。先発浦野の時の援護率がかなり高いと聞いたので金曜は黒星予想に。土曜日はハムの先発が谷間っぽいので勝ちたいですがどうなるでしょうかね。日曜のメンドーサのような投手は巨人が苦手にしそうなタイプ。

メモ:メンドーサマジで打てなさそう。それはそうと浦野の援護率13とか書いてあったんだけど…w

5,ソフトバンク(H)

先発、勝敗予想:火…菅野○ー●東浜 水…吉川光●ー○摂津or石川(谷間) 木…山口俊●ー○中田

個人的見所:菅野vs東浜は昨年にも投げ合いがあり、菅野は完投するも結果1-2で敗戦していますので、リベンジに期待しましょう(といっても勝つとしたら1-0くらいしかなさそうですが)。ソフトバンクの先発が裏ローテで、千賀、バンデンは来なさそうですので例年よりチャンスはあるかと思いますが、ソフトバンク相性悪いしなぁ…

メモ:東浜は厳しい。

6,ロッテ(H)

先発、勝敗予想:金…マイコラス○ー●涌井 土…宮國●ー○二木 日…田口●ー○佐々木

個人的見所:えっあれだけネタにされているロッテですが勝てる気が全くしない。というか先発3人とも全く打てる気がしません。ロースコアの勝負になって拾えるチーム力(というか打線の調子)がこの頃チームにあるかどうか。毎年相性も悪いですし、ソフトバンク戦で打線が冷えていた場合普通に3タテ食らうと思います。

メモ:二木昨年より明らかに数字的には良くなってる。プチ覚醒か単純に成長か

 以上、予想を合計しまして、筆者のここでのジャイアンツの交流戦勝敗予想は8勝10敗。というわけで交流戦ジャイアンツは勝率5割~10勝8敗を現実的な目標として戦っていってほしいなと思います。調べてて分かりましたが他のセの球団より裏ローテと当たる割合が高いそうです(確かにロッテと楽天だけだね)。でもこれでもちょっと背伸びした予想になっている気がしますし、やはり最終的には8勝10敗とか7勝11敗とか、そんなところに落ち着いてしまうのではないでしょうか…。

 さらに交流戦を戦い抜くにあたり、今のジャイアンツでも実現出来る範囲での起用法を、次の3つに絞りましたのでここで書き残し、あとで見返したいと思います。

Ⅰ,小林と実松の併用… 先発投手によって捕手を代える。小林をもっと適度に休ませたいためです。実松と週3ずつか週4日小林、のいずれかで良いと思います。またせっかく捕手3人体制をとっているのに試合終盤まで小林にこだわり、代打を出し惜しみするのは避けて欲しいです。

Ⅱ,”9番二塁、山本”…二軍で好調を維持したまま上がってきた山本を左右相性に関わらずしばらく9番で起用し、下位から上位への流れを上手く作って欲しいです。調子が落ちてきたら他の二塁手と併用でも良いですが。

Ⅲ,復帰した怪我人の処遇…山口俊だけでなく陽、ギャレットも復帰するそうでクルーズも含めて柔軟に入れ替えていきたいです。前者2人は復帰次第昇格すれば良いのですが、特に悩みどころなのはギャレット・クルーズのいずれかを昇格させるにはどうするかどうか。もう5000兆回言われていますが外国人枠の空きがありません…!一軍外国人枠を占める4人のうち、今の状態をキープしたとすれば二軍に落とすべきはマイコラスだと思います(だいぶ苦渋の選択ではあるが)。先発は山口俊、高木勇が近々復帰してきます。ので、マイコラスが調子をあげた場合は仕方ないとはいえ、今の調子をキープするかそれ以下の場合は、

山口俊を金曜(の今のマイコラスのローテの位置)に入れ、マイコラスoutギャレット・クルーズのいずれかをin としてみてはどうでしょうか。

ただしギャレットとクルーズが欲しいのはクリーンナップが今の調子のままで続く場合のみで、坂本・阿部・村田のうち2人が調子を戻してくれれば前述した入れ替えはあまり必要ではないと考えます。

 以上長くなりましたがここらへんで記事を締めたいと思います。自分は正直に言うと、巨人の抱える問題はこういう小手先の策で解決できるような小さな問題ではないのではないか?とも思っています。ただまぁ心のどこかで今シーズンまだ諦められてはいない自分もいて、こう長々と最後書いてしまったわけです…。

 ここまで読んでくださった方がもしいたら深くお礼申し上げます。今後は1、2週に1度くらい野球の記事をあげるかもしれません。その際はよろしくお願い致します。それではまたどこかでお会いしましょう。さようなら。