マンガンのおざなりなブログ

イベントの感想中心。他、声優とかアニメとか野球とか色々。

巨人の10連敗を見てきたよ。

 どうもこんばんはマンガンです。昨日は東京ドームにて、読売ジャイアンツの歴史の新たな1ページの目撃者になってきました。

 実際に現地に行くと、東京ドームの外野席のファンの、連敗中でも、どんなに劣勢で逆転する雰囲気がなくても声を枯らし応援し続ける姿はとても心に響きましたね…。

 いやー、ドームでオリックスに3タテされるとは思いもしませんでした。この一週間は首脳陣のやることなすこと全て裏目に出ていた週でしたね。一週間を軽く振り返っていこうと思います。

火曜日…ここで菅野が崩れたのが個人的にはかなり想定外でした。序盤3回までは見ていなかったのでなんともいえませんが、立ち直れず藤田からホームランを浴びたのを見る限りかなり消耗させられたのでしょう…。一方の打線は辛島を想定通り序盤にしっかり崩しにいけたようですが、スパッと梨田監督は辛島を序盤で見切り、戸村を投入。その2番手戸村からジャイアンツは手も足も出なかったのでしてやられましたね。まぁこの日の敗因は菅野だと思います。

水曜日…この日はバイトがあり全く見ていなかったのですが何事も無く負けたらしい。吉川光夫はランナーが出るとそれまでのピッチングとは一変してしまうんだよな…。使いづらい。

木曜日…なんか想定外に勝てそうでしたね。田原も昨年から重用されていますが評価に苦しみます。大事なところを任される中継ぎで、調子とツキによっては普通に失点するときがあるというのは怖いです。

 まぁ、水曜木曜は仕方ないと思います。

 ここで大事件が起こります。ゆるゆりじゃないよ。4選手入れ替え大事件ですね。

 自分は先週の記事で、どうしても打線の調子が上がらなくてテコ入れしたいときに落とすなら、マイコラスだ、と主張していました。マシソンマギーは落とせないし、今唯一機能しているマシソンーカミネロの勝ちパターンを崩せないことを考えると、どちらかといえばマイコラスしかいない、という理由です(ただしこれは山口俊、さらには高木の復帰により先発が揃ってくることを前提としていた)。ただ実際マイコラスは菅野田口に並ぶ計算できるイニングイーター。先発が足りない中そんなマイコラスを落としてどうする、という意見もあり、それももっともだと思います。

manganese1013.hatenablog.com

別に先発が揃うことが前提とは書いてなかったけど、そういう意図で書いてました(苦し紛れの言い訳) 

さらに楽天3連戦を終えて打線には小さな収穫がありました。村田の復調です。阿部が調子を落とす中スタメンに復帰しホームランも放っており(木曜の想定外のリードにも繋がったしね)、一発のある打者の復調はかなり大きいのではないかと感じていました。

 そんな中カミネロ、さらに山本立岡中井の抹消。クルーズの昇格。

 唯一機能しているといえる勝ちパターンを崩してまでも打線へのテコ入れこのタイミングで入れたことの意味が全く分かりませんでしたね…。このタイミングで?というのは、そもそも村田は復調してきたし、打線へのテコ入れがこのタイミングで必要?ということ。そしてテコ入れしたいにしても、金曜のマイコラスの登板を見てからの判断じゃいけなかったのかな…ということです。そのタイミングで、勝ちパターンを崩す、というリスクを冒してでも打線強化に踏み切る覚悟を決めたのならまだ納得できたのではないか?と思います。

 カミネロ抹消が金曜の痛恨の逆転負けに大きく響き、クルーズは3連戦で1本もヒットを打てず、となったのはチームの流れの悪さをよく表していますね…。この結果から首脳陣やクルーズ昇格を煽ったH知新聞を糾弾する気はそこまでありませんが、これまではちょくちょく”不満点がある”程度であった今季の采配や選手起用に比べ、今回の入れ替えは納得できない度合いが遙かに強かったので、この場を使い長々と書かせて頂きました。

 残り3人の抹消については個人的に思うところはあるとはいえ(山本はもっと使って欲しかったし、立岡落とすなら重信落とそ…)、クルーズの昇格に伴って仕方ない抹消であったのではないでしょうか。

 さてオリックス戦、軽く振り返っておきます。

 金曜日…7回の小林の一死1,3塁から二死2,3塁にする謎のバントが意味分からないポイント1。小林に代打出すの躊躇うなって。何のための捕手3人制ですか?8回3点差の二死1塁でマシソン投入が意味分からないポイント2。マシソンに甘えすぎなんだよ。9回同点になるまでマウンド行かなかったらしいのも要するに首脳陣がマシソンに甘えすぎってことでしょう。そして11回の今村→西村への継投が遅すぎるのが意味分からないポイント3ですね。

 土曜日…任意の野球ファンが楽しみにしていたはずの田口対山岡を崩してまでの田口中5日が完全に裏目に出ました。これも流れの悪さなのか分かりませんが。田口は調整に失敗したのか球のキレがサッパリでした。この田口を中5日で登板させた采配、田口の調子の悪さ、を説明づけるならば、連敗中なので勝ち急いで急遽田口の登板日を早めた、とするくらいしかありません。一方の打線は松葉をよく6回に捉えられたと思います。

 日曜日…10連敗のかかった昨日の試合。まぁ山岡のスライダーを見極めて攻略できるようならここまで連敗していません。そもそも山岡は新人ながら、ジャイアンツ打線より遙かに強力なパ・リーグの打線を相手に好投しているようですし。攻略するなら初回でした。とある方からの受け売りではあるのですが、初回無死1塁からのバントは相手に最初のアウトを提供するだけですし止めて欲しいなぁ…と強く感じます。先発の宮國の、打たれそうな打者に対した時、配球で逃げてインサイドを攻めなかったり結果真ん中にボールが集まったりする様子は、見ててかなりげんなりするものでした。試合としては何の面白みも無く終了。

 

 

 さて。

 火曜日。菅野が西武戦初戦に登板予定となっています。菅野が楽天戦から持ち直せるのかどうか。相手投手は野上。対右が強いらしく右打者の多いジャイアンツ打線は苦戦必須なので、菅野の投球内容にかかっています。

 

菅野が10連敗で止めるか

それとも

菅野でも止まらず交流戦全敗、22連敗へと前進するか

 

 今から楽しみで眠れません。