マンガンのおざなりなブログ

イベントの感想中心。他、声優とかアニメとか野球とか色々。

【トラセ横アリ】「LAWSON presents TrySail Live 2017 Harbor×Arena」参戦【感想】

 どうもこんばんはマンガンです。なんかマンガンの限界オタクブログはキモい(褒め言葉)という評価をたまーに頂いていて、本当に嬉しい限りであります。今後も今まで通りまぁ書きたい時に書きたいことを書いていこうと思うので、たまーに覗きに来てくれたら嬉しいです。

 さて今回は、先週の日曜日、7月9日に、横浜アリーナにて行われました女性声優ユニットTrySail”のライブ「LAWSON presents TrySail Live 2017 Harbor×Arena」について、書いていこうと思います。日々暇を弄び、ポチポチブログを書きアニメとtwitterのTLを眺めるくらいしかやることがない筆者にしては、今週は大学の課題・試験などで珍しく忙しい週で、中々このライブの感想を書く暇が出来ず悶々としていました。ので、今かなりノリノリで書いています。ああ前置きすらももどかしい。早速いきますか。

 1,前日まで

 とりあえず、TrySailって誰ゾ?って方のためにWikipedia先輩(TrySail - Wikipedia)からの引用。

TrySail(トライセイル)は、ミュージックレインに所属する声優麻倉もも雨宮天夏川椎菜の3人により構成される日本声優ユニット。所属レコードレーベルはSACRA MUSIC2014年に結成し2015年に活動を開始した云々かんぬん…

 もういいや。さて、筆者とそんなTrySailとの出会いは1年半前に遡ります。時期としては2015年の秋くらい、だいたい1stアルバム「Sail Canvas」や3rdシングル「whiz」が発売された頃でしょうか。特に「whiz」とそのカップリング「baby my step」は個人的にかなり刺さる曲だった記憶があり、1stアルバムを毎日リピートしながら学校に通っていたことを覚えています。しかしその後は筆者が受験勉強などで忙しくなったことや、別に好きな声優さんが出来てしまったこともあり、だんだんと疎遠になっていきました。 

 これは余談なのですが(今余談って打ったら四段って出てきてお?これも今や時の人と化した天才将棋棋士藤井聡太四段の力か?ってなった(違う)(これも余談))TrySailの3人がパーソナリティーを務める超!A&G+のラジオ「TrySailのTRYangle harmony」、これの放送時間が火曜19時半というのが個人的に聞きづらすぎる、というのも筆者とTrySailが疎遠となった原因のひとつではないか?なんて思いました。野球のナイターと完全に時間帯が被っているんですよね。やっぱり声優さんを好きになる過程のひとつにラジオを継続的に聴くことというのは大きくあると思っているので。いやでも超!A&G+には再放送という手があるじゃん!、と思った人。再放送は土曜朝10時なのだ。起きられるわけないやん。土曜の朝10時に起きられる人間は平日大学の4限の講義を寝ブッチしません。

 話を戻しましょう。筆者がTrySailから離れている間にもTrySailはどんどん強いユニットになっていきました。アニタイ曲*1に恵まれていたのが大きいですかね。「High Free Sprits」、「センパイ。」、「オリジナル」と徐々にシングルに強い曲が増えていき、こないだの5月にリリースされた「adrenaline!!!」もキモいアニメオタクに大好評のアニメ「エロマンガ先生」のEDテーマとして話題になっていました。また初期は雨宮天さん一強だったメンバーのソロ活動も、他の2人がソロデビューするなど3人とも活発化し、単体としても皆売れっ子になってきた感があります。そんなわけで最近のTrySailには、数ある女性声優のユニットの中でもかなりバランスの良い、完成度の高いユニットになってるなぁ、という印象を持つことが出来るわけです。

 さて、そこで今回のライブとなります。筆者としては、TrySailの曲を一度くらいライブで聞きたかったし、また、単独で横浜アリーナということでおそらくチケも取りやすい。これは行くしかないのでは?と思い参戦を決めました。TrySailというユニットはかなり好きだったとはいえ、失礼ながらTrySailの3人に声優としてはそこまで思い入れはなかったですし(あっでも雨宮天さんは普通に好き)、これまで行ったイベントのように、好きな声優さんに会いに行けるよ!イエーイ!ってノリではなかった、というのは正直なところでした。

 ライブの予習としては、主要曲を聴き直しコールの入れ方を軽く調べた、という感じ。リステのライブの時の反省として、ブレードの使い方とコールで戸惑わないように、というのがありましたので、そこは前日までに確認しておきました。

 2,当日(開演まで)

 当日は朝10時に起床。当日の会場物販で買いたいものがあったため、起きてtwitterを見た時”横アリの物販の列すげぇ”みたいなツイートがサーチに引っかかったので一瞬焦りましたが、まぁ横アリの箱の大きさを考えれば今からでも大丈夫やろ、とか楽観しつつ新横浜へ。

 東急やら新横浜線やらの慣れない乗り換えで手間取るも、12時10分前には無事到着。

f:id:manganese1013:20170716010536j:plain横浜駅。実は筆者、新横浜駅初めましてでした。

f:id:manganese1013:20170716010754j:plain

f:id:manganese1013:20170716012329j:plain

横浜アリーナ初上陸&物販待機列。

 この物販待機列が会場をグルッと半周するくらい、人数にして1700人以上は並んでおり、猛暑の中その最後尾に並んだときは少々絶望感を味わいました。しかしこの待機列の捌けが恐ろしく速かった・・・!1700人以上も前にいた中2時間もかからずに物販を終えることが出来ました。これは運営の力ですね…神運営でした。

 物販を済ませた後はひとまず横浜アリーナを離れ、昼飯やらブックオフの立ち読みやらで時間潰し。16時過ぎにようやく、同じく横アリにてライブに参戦するリア友と合流し、再び横アリ前に来たのですが、入場時間直前の横アリ前は恐ろしいことになっていました。

f:id:manganese1013:20170716013921j:plain

 改めて見るとオタクの大軍に恐怖せざるを得ないこの写真。あ、写ってるよとか俺ここにいるよってオタクがいたらコメントで教えてください。

 17時頃に入場。今回の席は横アリの北スタンドということで、実は自身初の外れ席でした。とにかく遠い。どれくらい遠いかといえば、無限。じゃなくてこんな感じでした。

f:id:manganese1013:20170716085308j:plain

 まーぁありえん遠かった。でもこんなんでめげる心の弱いオタクではありません。思っていたより見晴らしは良かったとポジりつつ、ブレードを取り出し念のため双眼鏡を片手に持ち、雨宮天さんの彼氏面をしていたらすぐ開演時間になりました。

  3,ライブ

 いやぁ本当に良かった。順々に書いていくよ。万が一ネタバレ嫌だって人がいたらブラウザバックしてくださいな。

 

 

 

 

whiz(3rdシングル「暦物語」エンディング)

開幕いきなり来るとは思ってなかったのでビビる。先ほどもちょっと書きましたけどwhizは筆者がトラセ楽曲で恐らく一番聞きこんでたといっても過言ではない曲。曲調も良い感じにポップだし3人のソロパートの歌い上げ方が他のトラセの曲にはない感じじゃないですか?それに加えCメロから落ちサビの流れ。あれは何回聴いてもたまらなく好きです。ライブではそこに落ちサビUO焚くオタクなんかもいてもう絶景って感じで。鳥肌が止まらなかったですね。(書きながら聴いてるんですがまた鳥肌立ってるよね)

オリジナル(5thシングル「亜人ちゃん~」オープニング)

  whizほどの思い入れはありませんが2番目にまた強い曲を持ってきたナァ~ってなりました。これもwhizと同様で落ちサビがすごく好きで、またオタクのUOと絶景にやられました。あとは振りが可愛い。ここらへんで双眼鏡の存在を思い出し使ったけど、モニターで事足りるなってなりました。 

かかわり(6thシングルカップリング曲)

 この曲はサビの盛り上がりに尽きる。てか3曲目までのこの並びを予想してたオタクはいたのでしょうか。これはヤベぇぞって雰囲気が周りからも伝わったし、筆者もヤベぇヤベぇってうわごとのように言ってたと思います。いや覚えてないけど。後からプレイリストをこの順で並べて聴いてみるとうわ最高って感じがする。ちなみにマギアレコードへの思い入れはそこまでないです。

Sail out(1stシングルカップリング曲)/ primary

 ここでトロッコを使ってた。確か。まぁとりあえず全力で手を振りました。ナンスこと夏川椎菜さんの可愛さに気づいたのもこのあたり。正直全然注目してなかったし、こんなに可愛かったか?ってなってた。あとでtwitterを見たら普段あまりしないデコ出しがクッッッッッソ可愛かったとのこと。

 この2曲は1stアルバムの曲。うまく言葉にしづらいけど、トラセの方向性ってのがよく見える曲だなって思います(演者とファン、一緒に船でどこまでも行こう的な)。

トクベツいちばん! (麻倉ソロ 2ndシングル)

 MCを挟みソロパートへ。正直1stシングルの方が好みだった筆者ですが、評価を改めざるを得ませんでした。無茶苦茶ライブ映えする曲だった。よく考えたらアップテンポでライブ映えしないわけがない。今回一気に好きになった曲のひとつです。

グレープフルーツムーン (夏川ソロ 1stシングル)

 振りが細かくて良かった。なんかこの曲、物語シリーズのキャラソンっぽくないですか?羽川翼のなんかのキャラソンに似てる気がする。しないか。正直ここまでは完全に夏川ガチ恋オタクでした。

irodori (雨宮ソロ 4thシングル)

 なんだこれ。

 数回しか聴いたことがなかったので、普通にイントロでは状況を飲み込めていませんでした。イントロ改めて聴くとヤバいですね。格好良すぎる。サビの高まりもたまらん。また、会場ではなんとフルだったんで間奏もあったんですが、間奏での雨宮さんの色気と目つきが半端ない。鳥肌が止まらなかった。完全に打ちのめされました。勝てません。もう一度生で聴きたい。聴かせてくれ。MCでなんか自信なさげに今の曲どうかな…?って言ってたんですが何じゃそのギャップは…筆者はこういう挑戦してくる感じの曲死ぬほど好きです。あと赤に魂を売ったわけではありませんよ…!ドヤッってしてたのも可愛かった。というわけで雨宮ガチ恋オタクに昇華した瞬間でした。

「irodori」 Music Video

http://www.sonymusic.co.jp/player/IR438-05V

ちょっとMVの切り方雑じゃない?まぁいいか

 

コバルト(2ndシングル「Classroom Crisis」オープニング)

 ソロコーナーのあとは朗読劇を挟み次へ。朗読劇はそこまで印象強くないです。夏川椎菜さんの少年声お芝居が良かったのしか思い出せない。コバルトは開幕あーまみやそら部や開幕イエッタイガー部がチラホラ聞こえて面白かった。イエッタイガー!、合う曲に入れる分には良いと思うけどどうなんでしょう。実際隣とかでやられるとビックリしそう。

パーリー☆パーティ

1stアルバムで筆者が3番目くらいに好きな曲。実際ライブで見ると芸が細かい、というか振りが細かくて良いんだなぁ。あとコールの掛け合いがこんな楽しいとは思ってもみなかった。ここらへんでテンションが最大値に近づいてきてた。

Chip log(5thシングルカップリング曲)

 声挙げ共にOS!OS!ってコール楽しいなおい。サビの3人で隊列組むとこがあってすごく印象的でした。そういうのが自分好みなんだなって最近分かってきました。この曲はサビ終わりのソロパートがすごく好みなんですが伝わる人はいるのでしょうか。1番の”満天の星眺め嫌なこと星と流れちゃえ”、とかのあたりのソロパート。トラセは1人1人が個性的で良い声を持ってるから、ソロパートが映えるよね

BraveSailHoneyworks meets TrySail

三匹子ブタは言いました!喧嘩するかもだけど

三匹子ブタは言いました!ずっと一緒だよ

三匹子ブタは言いました!これからもよろしくね

三匹子ブタは言いました!僕らに続け Hey!

コール含めこんな楽しい曲だったっけ…よく聴いたら歌詞もすっごいエモいんだよな。

あかね色 [アコースティックver]

 度肝抜かれました。こんなことも出来るんですか…。ピアノに合わせた3人の音の重なり方、ハモり具合がとにかく綺麗でした。聞き惚れていたという表現が一番適切かもしれません。表情はよく見えませんでしたが、会場一面に広がるオレンジのサイリウム、終わった後の3人のやりきった感も含め最高の一言。あとで3人が歌い終わった後お互い見合ってはにかむように笑ってたみたいな話を聞いて泣きそうになった。

明日も晴れる

 間奏にもちょ組夏川組雨宮組に分けてコールするコーナーがあったんですがなんだったんだアレ。面白かったけど。ちなみに筆者は夏川組でした。ラーララーラララ-(脳死)

sewing dream

 サビのオーオーオオーのコールでの一体感がたまりません。音源で聴いているだけではここまで盛り上がる曲だとは思わなかった。

High Free Spirits(4thシングル「ハイスクール フリート」オープニング)

 sewing dreamで盛り上がる中、それまでの白い衣装が早着替えで黒い衣装に。そしてハイスピ。もう筆者はここでもうテンションが振り切れヘドバンオタクに(嘘松)。いやハイスピのライブでの迫力が半端じゃないのが悪い。Aメロ、Bメロと徐々にテンションが上がるあのワクワク感。サビのあの盛り上がり。それに加えライブでは間奏でコールもあるわけで。ブチ上がらないわけがない。

ホントだよ(2ndシングルカップリング曲) 

 恋する女の子の曲って感じでしょうか。Cメロのコール後、もちょがよく出来ました~って言ってくれるヤツがすこです。

センパイ。Honeyworks meets TrySail

 センパイイエッタイガー部を許さない。あの曲の落ちサビで入れるのは意味分からなくない?まぁそれはそうとAメロのバカ。が可愛かった。僕だけに言ってくれ

僕らのシンフォニー(4thシングルカップリング曲)

 このあたりで歌ってない曲もうあるか?これまさかだけど全曲歌うんか?ってなってた。

adrenaline!!!(6thシングル「エロマンガ先生」エンディング)

 一番生で聴いてブチ上がりたかった曲でした。向こうも盛り上がりどころだと踏んでいらしたようで終盤に持ってきましたね。実際期待通り盛り上がらせてくれました。ありがとうございます。ただコールが初めてでついていくのに必死だったな。

Baby My Step(3rdシングルカップリング曲)

これのコール&レスポンズがしたくてたまらなかった。実際TrySail楽曲の中でこれが一番の推し曲みたいなところがあるし、トラセ知らない人にオススメ曲何?って聴かれたらadrenaline!!!とこのBaby My Stepを答えると思います。もうテンションが振り切れていてあんまり覚えていないのが残念です。adrenaline!!!からの流れ、無限に楽しかったし無限に疲れた(演者の3人も「怖れていたことが現実に…」みたいに言ってたし。)。

Youthful Dreamer(1stシングル「電波教師」オープニング)

 体力ないオタクなので前2曲で完全に息切れしていました。絶頂超えちゃった感じ。しかし3人とも体力が切れていない…特に雨宮氏は切れる気配すら見えてなかったと思います。Youthful Dreamerは正統派なコールが入る曲ですよね。シンプルで、ライブのラストには最高の曲。

ひかるカケラ

 終わっちゃう・・・終わっちゃうの・・・って心の中切なくなってた。表には出さなかったけど。何しろ雨宮天の彼氏面してなきゃいけないので(その設定生きてたんだ)

・(アンコール後)TAILWIND [新曲]

 Sail outなんかと似た匂いを感じますね。トラセっぽい曲だと思います。サビの僕らの背中押すTAILWINDのとこの言い方を推していきたい。なんかカッコいいので。

最後は挨拶などして終わり。3人がそれぞれ挨拶したとことライブの最後にマイクなしでありがとう!!!って言うとこで思わず叫んでしまいました。何を叫んだかは秘密。

 4,最後に

 全曲生で聴かせてくれてありがとうという言葉しか出てこないですね。あまり言いませんでしたが、特に1stアルバムの曲は高校の頃から聴いていたこともあり、それを全て生で聴けたというのはとっても嬉しかったです。

 席も遠かったですが全くと言って良いほど気になりませんでした。雨宮天の彼氏面というのはまぁ半分冗談ですが、トロッコも会場内何度も回っていましたし、会場に来たオタク全員に楽しんで貰う、というライブ前のもちょだったかな?の言葉そのまんまのライブだったなぁと。双眼鏡もぶっちゃけ要らなかった。

 途中かなり雨宮ガチ恋オタク化していますが、夏川椎菜さんの好感度も一気に上がりました。個々としても好きになったし、ユニットとしても更に好きになったって感じ。なんというか、3人とも個性のある良い歌声をしてるのに、3人合わさった歌声を聴くとホントああTrySailだな…って気持ちになるんですよね。勿論そこに至るまでの努力やら過程を全て知っているわけでは到底ありませんが、とりあえずあの場所でああいった景色を見せてくれた3人は凄いと思うし、感謝の気持ちもこめつつこれからも追っていきたいと思います。

とりあえず雨宮天さんのワンマンに行かせてくれ。お願いします。もう1回生でirodoriが聴きたいよ。

以上、7000字も書いてしまいましたが、読んで頂いた方いればありがとうございました。それではまたお会いしましょう、さようなら。

 

 5,おまけ

物販

f:id:manganese1013:20170716184028j:plainパンフ。アンケコーナーに3人の個性がよく出てました

f:id:manganese1013:20170716184038j:plainこれは筆者がPCケース欲しかったってだけ。でもお洒落でしょう

 

f:id:manganese1013:20170716184818p:plainライブTシャツ。筆者の自撮りは見苦しいってことで公式の写真。

 

*1:アニメタイアップ曲。OPテーマとかEDテーマとか。