マンガンのおざなりなブログ

イベントの感想中心。他、声優とかアニメとか野球とか色々。

夏(夏休み)を振り返って。

 どうもこんばんは。なんだこの小学生の感想文みたいなタイトルは。だいぶ涼しく、過ごしやすい季節になってきて、筆者も今日で大学の夏休みが終了となります。そこで今回の内容は、まぁお察しの方もいるかもしれませんが、筆者の2017年の夏を、というか夏休みを、参加したイベントやらなんやらを中心に簡単に振り返っていこうかな、みたいな感じです。だいぶダラダラ書いてるのでつまんないってなったらブラウザバックしてくださいな。長くとも読み手を飽きさせない文章を書きたいものですが、そこまでの文章力はないので……。もうちょっと文系に生まれて物書きになりたかったです。このブログから凡人には分からない、書いている自分にも分からない物書きの才能を見いだされて物書きの仕事のオファーが来るとか、ないかなぁ?や、こんなこと書いてちゃってる時点でないんだよなぁ……。
 開幕から話が逸れまくりました。嫌な予感がしますね。早速始めていきます。夏ということで7月から。

7月

【9日】横浜アリーナにて行われたTrysailのワンマンライブに参加。僕の夏の始まり。持ち曲全曲やったし、改めて振り返ってもヤンバイライブだった。開幕whizオリジナルかかわりとか、アコースティックあかね色とか、Adrenaline!!!からBaby My Stepとか、今思い返しても随所に破壊力が半端ない。未だにセトリ順に並べたプレイリスト聞くし。

【23日】アニメクロックワーク・プラネット」のラジオの公開録音に参加。出演者は南條さんとキャン丁目コンビということでかなり楽しかった。キャン丁目コンビを生で見たのはこれが初めてで、なんともいえない感動を味わったことを覚えている。特に大西沙織さんは想像より全然小顔で生足も綺麗だった。

【31日】超個人的な話だが初めての大学の試験が終わった日。後日返ってきた成績は散々だった。試験勉強ってホントおもんなくてやる気出ないんだよな、中3くらいからロクにやったことがない(中高一貫に通っていたので高校受験はなかった)。

8月

【12日】コミックマーケットに人生初参戦を果たした。軽いノリで参戦したわけだがこの日、C92の2日目は待機列で雨に濡れてかなーりしんどかった。いざ参戦してみて感じたのは、戦利品をゲットできたときの安心感と、金を湯水のように使ってしまう恐ろしさ。特に後者は、最近コミケ以外の時においても顕著になってきていて、金が懐に入ると今までの500円を50円のように、5000円を500円のように使ってしまうし本当に病気だなぁと。
 さて、これを書いている途中コミケで手に入れた小澤亜李さんまとめ本(考察本)みたいなの読み返していたのだけど、なんというかテンションが上がった。亜李ちゃんについて隅から隅までこと細かに書いてあって、やっぱり愛を感じるし、僕なんかあーまだまだだなという気持ちにさせられるし。考察だったり、文章力も自分なんかと比べものにならなくて勉強になるなぁと。個人的には、「この誤表記には問題がある!」というコラムで、4ページほどひたすら「小澤亜李」の漢字間違いについて考察しているものがあって結構笑わせて貰った。

【13日】前日に引き続きコミケ3日目に参戦した。雨だった2日目とは異なり日差しがとんでもなく暑い1日で、待機列がかなりしんどかった。並んでるときの待機列はまぁまだ良いのだが、会場に入れもせず日に晒されたまま待っている待機列はかなり精神的にも追い詰められた。
 戦利品をゲットした後はナナシス*1のお渡し会に初参戦した。篠田みなみさんを目の前で眺められたり目を合わせて話せたり、目の前で見る桑原由気さんの笑顔に癒やされたり。振り返ってみると2人は勿論、あんまし話せなかった高井さん中村さんともまた話せたら良いなぁなんて思った。全然関係ないけど、はる ジカ(ちいさな)の中の人は2人ともtwitterの自撮りが可愛いよね。
 ナナシス終わった後はビッグサイトからサイエンスホールに行って「伊福部崇のラジオのラジオイベントvol.9」へ。これは感想記事多分書いてないはず。書こうと思ったんだけど、口外禁止のイベントだったのでこれ書いて大丈夫かな?とか思って書くのやめたりしてたら感想を書く機会を逃してしまったんじゃないかなぁ。
 内容としては、小澤さん長縄さん本渡さんが「おざなりでえーで!」という模擬ラジオをして、そのコーナーにメールを送るのはハガキ職人と天津向……みたいな感じ。子細は伏せるけど、本渡さん、髪を奇抜にしていないときクッソ可愛いなと思った(ファン的には奇抜な方が良いとか聞いたけど。。。)。全体としては、面白いだけじゃなくて、ラジオリスナーとしてためになるような内容もあったし、かなり濃厚なイベントだったなという印象を持った。

【19日】お盆という名の引きこもってダラダラ甲子園を見る日々を終えこの日は六本木ヒルズアリーナにて行われた「コカコーラSUMMER STATION LIVE 内田真礼に参戦。個人的にセトリがイマイチ伸び悩んでいたが、クロスファイアが楽しかったですしギミレボなど定番曲が初めて生で見られたのも良かった。ただ終わった直後スマホを見たら、絶対勝ったと思っていた大阪桐蔭がベース踏み忘れで負けていて、それまでのライブを遥かに上回る衝撃を受けた。 

【25日~27日】アニサマことアニメロサマーライブの初日・3日目に参戦。一方、2日目の26日は声優パラダイス購入特典・ナナシス声優のお渡し会に当選したのでそちらに行った。だいたい過去のブログに書いたのでそちらをみてください……。正直この3日間は12日・13日の高揚感を遥かに上回る高揚感だった。声優さんの接近イベも最高だし、ライブも最高だなぁ!
 2日目と3日目の間徹夜で3日目の当日券をとったので、3日目は結構体力的にしんどかった。あとこの3日でtwitterでしか知らなかったオタクと初めてエンカする経験をした。筆者はもやしっ子在宅コミュ障オタクなのでイベンターのオタクの体力ありそうな感じが結構怖いみたいなところがある。、ので、優しくしてくださいオタクの皆さん。
 余談。アニサマ当日券問題というか徹夜組始発組問題についてはちょっと思うところあるので、いつかまた別の機会に書いてみようと思っている。

【30日】風邪を引いた。アニサマで徹夜したとき泊まったネカフェが汚かったのか、身体の無理が祟ったのか、アニサマの次の日のバイトで風邪気味の生徒にうつされたのか、よく分からないが咳が結構な期間続いて辛かった。

9月

【3日】風邪を押して幕張のよしもとイオンモール劇場まで行きおざなりコンビこと小澤亜李さん・長縄まりあさんを拝んできた。イベント名は「幕張におざなり声優がやってきた」というヤツで、天津向が主催している、らしい。天津向に連れてこられたお笑い芸人たちが無駄に面白くゲラゲラ笑っていた記憶がある。最後に罰ゲームと称して2人が「ふわふわ時間」をカラオケversionで歌ってくれて、ただの神イベへと昇華した。普通に風邪が治って元気になったし、今度から風邪を引いたときは好きな女性声優さんに枕元でカラオケして貰って治そうと思う。

【4~6日】病み上がりでサークルの合宿行って運動したり宴会で騒いだりした。結構体調しんどかった。この期に及んで思うことはないだろうと思っていた、「どうして自分こんな運動神経ねぇんだ……思ってるイメージと実際に出来ることが違いすぎる……!」をかなり久しぶりに感じてしまい辛くなった。

【6日】サークル合宿の帰りではあったが、妹さえいればいい。」の1話先行上映会に参加した。ほぼ前情報無し、”エロマンガ先生と同じようなもんか?”くらいの認識で参加した先行上映会だったが、結構楽しめた。まぁだいたいのアニメで1話は楽しめちゃう質なので、これがいいアニメなのかは分からない。ただ、エロマンガ先生とは明らかに似て非なるものであるな、とは思った。当たり前っちゃ当たり前だけど作品の重視してるテーマが全然違いそうで、エロマンガ先生は妹が社会不適合者なのでまずそこの問題が大きなテーマとなっているが、妹さえ~はどちらかというと作家の苦悩みたいなところに重きを置いていそうである。金元寿子さんは破廉恥な言葉を発していた(キャラが)。そしてこの上映会の目当てであった加隈亜衣さんのキャラはかなりタイプで、あっこういうキャラに加隈さんの声つくの最高じゃん!ってなった。ので、まぁなんだかんだ本放送からも視聴しようかなぁと思う。

【9日】関西旅行始まりの日。初日はオタクの連番に入れて貰い梅田TRADで鈴木このみさんのオルスタライブに参戦。水が足りな過ぎたりセトリが殺しに来てたりして終わった後完全に死体だった。あそこまで全身汗びっちょびちょになるオルスタに今後出会えるのだろうか。

【~14日】関西をブラブラ旅行。大阪(10日まで)→京都(11日)→西宮(12・13日)→京都(14日)という感じで、自分で計画を立てて自分のペースで旅行をした。個人的に充実していたのは11日で、金閣銀閣といった京都の観光名所を京バス1日乗車券で一気に回ったり、宇治で響け!ユーフォニアム聖地巡礼をしたり、夜照明もなく真っ暗な大吉山を登って、高坂麗奈さんの特別になれてしまったような顔をしたりした。完全に一人旅の楽しさを知ってしまった。

【16日】Wake Up, Girls!の4thライブツアー千秋楽、東京公演昼の部に参戦した。WUGにハマりたてホヤホヤの状態で急遽参加したのだが、完全にわぐぬぁーの顔つきにされて帰ってきた。トラセの時もそうだったのだが、絶賛恋をしているコンテンツのワンマンは終わった後の満足度が死ぬほど高い。

【17日】クロプラ(アニメ「クロックワークプラネット」)のパッケージイベント昼の部に参加した。今夏2度目のキャン丁目コンビイベント。2人の絡みも味わえたがそれ以上に千本木さんの可愛さと独特の塩対応、松田健一郎さんのはっちゃけっぷりにかなり笑わせてもらった。たまにはアニメイベントも良いね。

【21日】Tokyo 7th Sistersの3rdライブ先行上映会に参加してきた。といっても弱いオタクなので、篠田みなみさんや水瀬いのりさんなど出演者が登壇した新宿バルト9ではなく、横浜ブルグ13からの参戦(チケット争奪戦に敗れたため)。映画館でライブ映像を見るというのはなんだか不思議な感じだった。コールもワンテンポ遅い気がするし、変なとこで笑い起こったりするし。筆者はといえば会場にいないし高まれるのかなぁと不安だったが、そんな不安なんてなかったかのように飛びはねたり叫んだりしていた。特にグサグサきたのは4U。4Uの単独ライブ、絶対行きたいもの。まだまだこんなところでは書き足りないし、今に円盤が届いたら感想なんかも書けたらなぁと思う。

【22日】高校同期のオタクと富士急ハイランドに行った。人生初の富士急で、これまでの人生で逢った中で一番エグいであろうジェットコースターどもをなぎ倒した(実際は乗る前緊張しまくって死にそうだったし乗った後も疲労感で死んでた)。一緒に行った高校同期が限界オタクばかりでとても楽しかった。

【24日】これを書いてる今日。雨宮天さんのライブに行った。70年代から80年代の曲のカバーばかりと聞いて面食らったが、半分くらい聞いたことある、もしくは知ってる曲だったしアマテンさん歌唱力あるしで思っていたより楽しめた。彼女をガッツリ推しているわけではないのでメチャクチャエモいというわけではなかったが、多分推しがこういうライブをしたら鼻血を垂らして喜ぶんだろうなぁとちょっと思った。

 

 

 さて。ざっと書いてみたらメチャクチャ楽しい夏だったような気がする。推しイベに結構行けたし、オタクっぽい大きなイベントも楽しみ、鈴木このみとWUGにハマった。そんな夏だった。
 秋以降。イベ減するつもりは到底ないけど、将来を考えると大学の勉強もしなければいけない時期ではあるので、時間とお金に限りがあることを自覚してなんとか出来る限りイベを絞りたいなと。でもイベントに行かず流した結果後悔はしたくないし、絞り方としては推し(加隈亜衣さんとキャン丁目・小澤亜李さんとおざなり)と既に沼に浸かってしまったコンテンツ(ナナシスとWUG、リステあたり)あたりは逃さず行く。その他はなんとか学業とお財布とうまくバランスをとりつつ楽しそうなとこに絞って行く、という感じで絞りたいなと思う。何この結局絞れなさそうな感じ。でも楽しいイベントやコンテンツは散らばってるし、色んなとこに行って、好きなコンテンツの幅をどんどん広げて行けたらなぁという気持ちもあるし、本当に悩ましい。苦悩の秋。
 まぁ限りあるイベントをめいっぱい楽しんで生きていく、というスタンスを変えず楽しんでいけば良いなぁなんて思ってます。

 

 これからもブログはちょくちょく書きますので、どうかたまに見かけたら読んで頂けると嬉しいです。今年も残り3ヶ月と少しですか。これからもどうぞよろしくお願いします。
 ではさようなら。プリンセス・プリンシパル最終回を見ます。

*1:Tokyo 7th Sisters